本文へジャンプ

外科・内科・胃腸内科・循環器内科

医院のご紹介

プロフィール

内本和晃医院長

院長 内本 和晃

経歴

平成8年 川崎医科大学卒業
平成 8年 奈良県立医科大学附属病院 臨床研修医(第一外科,現消化器・総合外科)
平成10年 恩賜財団 済生会中和病院
平成12年 健生会 土庫病院
平成14年 郁慈会 服部記念病院
平成16年 奈良県立医科大学附属病院 消化器外科
平成20年 奈良県立医科大学 消化器・総合外科学教室 助教
平成23年8月から 医療法人いずみ会 内本外科内科診療所

資格

医学博士
日本外科学会 専門医・指導医
日本消化器外科学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 専門医
日本消化器内視鏡学会 専門医・指導医
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医
日本消化器病学会 近畿支部会評議員
日本消化器内視鏡学会 近畿支部会評議員
消化器がん外科治療認定医
近畿外科学会評議員

ごあいさつ

内本 正
内本 正

内本 泉
内本 泉

父(内本泉)と叔父(内本正)が昭和59年に診療所を開設し、以来約30年に渡って地域医療に携わってきました。私(現院長 内本和晃)も平成23年から」、父(泉)の跡を継いで診療を行っております。開院当初より2人で診療しておりましたので外科・内科と幅広い疾患に対応し、平成12年からは日曜診療・循環器専門外来なども行っています。

私は藤井寺で小・中学校時代を過ごし、大学卒業後は奈良県立医科大学消化器・総合外科学教室(旧第一外科学教室)に所属しました。その後は奈良県下の病院にて外科・消化器診療・内視鏡診療に携わっておりました。

平成16年からの8年間に渡る大学病院勤務時には消化器癌の診断・治療を専門とし、特に大腸内視鏡治療(ESD)に携わってきました。この時にたくさんの患者様の癌診療を行っておりましたが、「いくら手術術式や抗癌剤が進歩したとはいっても、やはり早期発見が大事だ」ということを感じました。

大学病院を辞め当診療所で地域医療を行う事になったときは、少しでも疾病(癌など)の早期発見に努めたいと思いました。 検診などで生活習慣病の早期発見・治療を、内視鏡検査や超音波検査で癌の早期発見を目指したいと思います。

当診療所が地域の皆様の健康管理に少しでもお役に立てればと思います。これからもよろしくお願いします。

医院概要

名称内本外科内科診療所
住所大阪府藤井寺市小山5丁目1-10
院長内本和晃
診療内容外科・内科・胃腸内科・循環器内科
TEL072-955-2111